金融業者の女性インターネットなどを見ていると、どこどこのカードローンは審査が甘いキャッシングなどとかいてある事がありますが、審査が甘いキャッシング業者ってほんとにあるのかどうか疑問に思ってる人もいると思います。

キャッシングをする時の審査というのはそれぞれの会社によって基準が違っています。

例えば勤務先や住んでいるところ、そこに何年住んでいるか、また勤務している年数はどのくらいか、など細かいところまで審査をするところもあれば、アルバイトでも派遣でもきちんと仕事をしていて、月々の収入が幾らあるのかがわかれば審査をしてくれるという会社もあります。

こういった基準によって審査が甘いか甘くないかという事がよく言われていますが、一般的には、例えばデパートなどで申し込みを行っているようなカードのキャッシングは審査が甘めだと言われています。

会員の獲得するために、審査の基準は一時的に甘くして沢山の会員を獲得する事が目的です。

一方で銀行系のキャッシング等については、会員を獲得するというような目的ではなく、きちんと信頼されているかどうかについての審査を行いますから、審査の基準が厳しいと考えられます。

実際に、借り入れ総額や件数が多い方には、銀行系は審査がかなり通りづらいです。プロミスや@ローンは特に審査が厳しいイメージです。

そういう場合は、大手は諦めて、多少金利は高くなりますが中小の消費者金融に融資を申し込めば、かなり審査は通ると思います。具体的には、フクホーやアローなどです。

審査が甘いキャッシング業者というのは、こうやって考えると本当にあるという事になりますが、それもいつまでも審査が甘いというだけではなく一時的なものだと思います。

それに例えばどんなに審査が甘いと言われていても、条件を満たしていなければキャッシングを行う事はませんから、誰でも審査に通るというわけではありません。

キャッシング会社の横の繋がりに注意!

キャッシング会社には横のつながりがあります。信用情報をキャッシング会社で共有しており、この人物は何円どこどこから借りているという情報が共有されています。

借りている情報だけではなく、過去に借りた額や返せたかどうか、収入はどうかなどもほぼすべて共有されていると言えます。

昔はキャッシング会社同士が喧嘩状態で情報を渡さないということもあったのですが、今は機構のような形で共有されているのでそういったこともありません。嘘は絶対にバレるので、審査の際にはすべて正直に現状を話しましょう。

さらには、銀行がキャッシング業に進出してきており、銀行の情報力も利用されるようになったので、基本的にかなりの情報をキャッシング各社は共有していると言えるでしょう。

こういった情報を持っているキャッシング会社に身分を偽ってお金を借りたり、何かを隠してお金を借りるというのはかなり現在では難しくなっていると言えます。

ですから、キャッシング会社を利用する際には、ちゃんと返せるかをよく確認してからお金を借りないと、一度でも返せないという事態を起こすと、その情報がた ちまち各社で共有され、審査が厳しいところでは貸してくれなくなりますし、貸してくれるところでも少額しか貸してくれなくなったりするので注意が必要です。

日ごろから、自分の信用を大切にしておくことが重要です。

このように、キャッシング会社の横のつながりは近年ますます強くなってきており、かなりの情報力を持っているので、お金を借りる際には不利な情報でも正直に申告した方が、貸す側の信用度が上がって良いでしょう。