モビット審査を最短、急ぎで借入れするには?

スタッフモビットを急ぎで借入れするにはポイントがあります。下記2つのことを実践すれば最短審査、即日借入も可能です。

「10秒簡易審査」を受けてみる!
  個人情報を入力
  勤務先情報を入力
  住居状況を入力
  他社借入状況を入力
モビットの会員登録をする!

今すぐモビットの審査を受ける
10秒簡易審査

 
 

モビット審査を最短で通す方法

モビットは審査が早いと言われてますので、急ぎで借りたい方にはぴったりのキャッシング会社です。

審査は「10秒簡易審査」を行っています。「10秒簡易審査」はホームページから申込み、入力が終われば10秒という速さで審査の連絡がきます。
あくまでも仮審査ではありますが、これだけ審査が早いので急ぎでお金を借りたい方には非常に便利なサービスです。

また、会員専用サービスの 「Myモビ」を利用することで即日融資が可能です。

このページでは、モビットの審査を最短で通過するにはどんな点に気を付けなければならないか、急ぎで借入できるための審査方法について解説したいと思います。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

モビットの審査は最速!急ぎで借入れしたい方にピッタリ!

モビットは、「Web完結」申込みで有名ですが、その他にも提携ATMの多さは他の大手消費者金融に引けを取らないほどの利便性さを持っています。
その強みもあって、大変知名度が高いモビットですが、審査の早さでは一番の売りだと言われています。

その理由は、Web完結型の申込み形式のため、申込みから審査完了までの手続きがより早く進むのも魅力ですが、実際に現金を手にするまでの行程も最短という魅力があります。

モビットの審査はたったの10秒!「10秒簡易審査」はかなり優秀!

モビットの審査には「10秒簡易審査」というものがあります。

この「10秒簡易審査」は、アコム「3秒診断」や、プロミスの「お借入れ診断」のような簡易審査とは違って、審査項目の入力欄は多く、入力するだけでも数分~10分程度かかってしまいます。

モビットの「10秒簡易審査」の項目内容とは、次の4つです。

モビット「10秒簡易審査」入力項目
1. 氏名・生年月日・住所などの個人情報
2. 住所・入社年月・保険証の種類などの勤務先情報
3. 住所・居住年数・持ち家かどうかの住居状況
4. 借入希望額・他社からの借入額等の他社借入状況

上記の情報はすべて入力しなければなりません。

対して、アコムや、プロミスの審査項目内容は次のようになります。

アコム「3秒診断」入力項目
 年齢・性別・独身か既婚か・他社借入状況(件数・合計金額)

プロミス「お借入れ診断」入力項目
 生年月日・年収・現在お借入金額

このように見てみると、明らかに入力項目の量が違いますよね?

モビットの審査結果もアコムやプロミス同様に、あくまでも仮審査ですが、本審査さながらのかなり正確な結果として出るようです。

なぜなら、モビットは審査を申込みした人の属性だけではなく信用情報も審査するからです。審査は単なる審査だけとしているのではなく、モビットのほうで信用情報機関へ照会をかけているためです。

「10秒簡易審査」ではあなたの金融事故情報が見られている

モビットの「10秒簡易審査」がプロミスやアコムと違う大きな点は、「10秒簡易審査」から自分の細かい情報を入れることによって、申込みをしたあなたの情報が信用情報機関に履歴が残るということです。

そのため、もしも他の金融会社に同時に申込みをしていた場合は、今のモビットの情報が載ってしまうため、それを見た金融会社は「あちこちで申込みをしているお金に困った人」と見られます。審査でより不利となってしまいますので同時申込みは避けるべきでしょう。

モビットは信用情報機関で何を見るのかと言うと、あなたの個人情報(氏名及び生年月日・住所等)はもちろん、その人が過去に、金融事故(過去の延滞や債務整理の記録)があったかどうか、全て履歴として残っているため、その情報を見て判断しているのです。

仮審査が通ったからと言って必ずしも本審査が通るとは限らない

詳しい個人情報を入力し借入可能との結果だったのに、いざ本審査で借入不可能となってしまう可能性も実はあるのです。ではなぜこのような結果になってしまうのでしょうか。

それには、次のようなことが考えられます。

・個人信用情報に何かしら問題があった!
・入力内容に不備、もしくはウソをついていた

個人信用情報については、自分の金融履歴がどのような状態で残っているかわかりません。もしも知りたいのであれば、情報開示をすることは可能です。
自分の個人信用情報を確認したい場合は「自分の個人信用情報を確認するには?」を参考になさってください。どんな情報を知ることができるのか、開示手続き方法についても詳しく解説しています。

「個人信用情報に何かしら問題があった」場合、過去の遅延などが原因で落ちたのかもしれません。
本審査に落ちる一番多い原因は、実はこの「個人信用情報」によるものです。最終的な審査で、モビットの審査基準を満たすことが出来なかったと考えられます。

「入力内容に不備、もしくはウソをついていた」場合は、入力した情報が違っていた、個人信用情報の内容と照らし合わせたら違っていたなどで落ちたと考えられます。

また、入力内容のウソは絶対にしてはいけません。モビットの審査に落ちるだけならまだしも、そのことが個人情報機関に履歴として残されたら、他の金融会社からも一切信用が薄れ、どこからも審査が通らなくなってしまいますのでくれぐれも注意しましょう!

モビット審査を最短で通す方法のまとめ

キャッシングできた女性モビットの「10秒簡易審査」は入力項目は多いですが、最短10秒で連絡、しかも本審査さながらの診断結果が出ます。

そのため「10秒簡易審査」で通過すれば、ほぼ本審査も通過できる可能性は高いでしょう!ただし、信用情報を照会されるため「同時申込み」「入力内容のウソ」は絶対にしてはいけません

 
今すぐモビットの審査を受ける